せんごく通信

せんごく通信 vol.4 2023.11.12~11.18

さつまいもの収穫もいよいよ大詰めです!

今週は、およそ1500株のせんごく金時の収穫を行いました。

これで今年4月から6月にかけ定植したさつまいもの収穫は、いよいよ残すところ3000株弱となり、終盤を迎えております!

収穫したさつまいもは専用の納屋で通常は1カ月ほど熟成させ、直売所やスーパーへの出荷、飲食店へ出品していく予定ですので、もうしばらくお待ち下さい。

今回は一足先に収穫を終え、熟成させてできた「長久手市せんごくファーム産」の「紅はるか」を使用した「鬼まんじゅう」のご紹介をいたします!

浅井屋製菓舗「鬼まんじゅう」

「鬼まんじゅう」は、戦中、戦後の食糧難の時代でも比較的手軽に入手できた「さつまいもと小麦粉」を使って作られ、お米の代わりの主食として広まったとされています。

また、角切りにされたさつまいもがゴツゴツと飛び出しているその特徴的な見た目から、鬼のツノや金棒をイメージさせ、「鬼まんじゅう」と呼ばれてきました。

この「鬼まんじゅう」は今日の愛知県の郷土料理の1つとして、広く知られるようになりました。

せんごくファームでは、長久手市で今年創業78年を迎える老舗和菓子店の「浅井屋製菓舗」のご協力を得て、長久手市の伝統野菜である「真菜」を使用した「真菜大福」を開発して参りました。

今回も美味しい郷土料理、地元銘菓を作ろうと、「せんごくファーム産のさつまいも」「紅はるか」を使用した「鬼まんじゅう」「浅井屋製菓舗」様と開発し、販売することとなりました!

柔らかく、しっとりとしたういろう生地に、ごろっと食べ応えのあるせんごくファーム産のさつまいもがふんだんに使用された本当に満足のできる美味しい逸品となりました!

こちらの「鬼まんじゅう」は、下記の店舗にてお買い求めいただけます!

  • 浅井屋製菓舗本店
  • JAあいち尾張長久手グリーンセンター
  • 尾張旭グリーンセンターひまわりマルシェ

土日限定で1つ160円にて絶賛発売中ですので是非一度ご賞味下さい!

長久手市や日進市の飲食店でこの「せんごくファーム産さつまいも」を使用したコラボ商品については今後も随時、こちらHPにてご紹介いていく予定ですので、しばらくお待ち頂けたらと思います。

今後も私たち、せんごくファームをよろしくお願い致します。

皆様、いつもありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP